新着在庫車情報14

アストンマーティン

2022/02/03

『V8 ヴァンテージ スポーツシフトⅡ 4.7L』 が入庫いたしました。

『V8 ヴァンテージ スポーツシフトⅡ 4.7L』 が入庫いたしました。


2011年1月25日、アストンマーティンはV8ヴァンテージSを発表しました。これは、クーペとロードスターの両方のボディスタイルで利用できるV8ヴァンテージのより強力なバージョンであり、標準のV8ヴァンテージよりもスポーティな体験を生み出すように設計されています。エンジンは、ベースのヴァンテージにあるのと同じ4.7リッターAJ37V8エンジンです。 4.7リッターV8エンジンは、7,300rpmで430bhp(321 kW; 436 PS)のピーク出力、5,000rpmで490N⋅m(361lb⋅ft)のトルクを提供するように変更されました。それぞれ20Nm。この変更により、4.5秒で0から97 km / h(60 mph)の加速時間が改善され、クーペとロードスターの両方で最高速度が304 km / h(189 mph)になりました。Sモデルではブッシング、スプリング、ダンパーが補強されており、ステアリングラックはベースモデルよりも高速です。空力の強化には、カーボンファイバースプリッターを備えたより深いフロントバンパー、より大きなサイドシル、カーボンファイバーディフューザー、および路上でのハンドリングをシャープにするように設計されたより大きなテールゲートリップが含まれます。追加の視覚的な違いには、新しいホイールが含まれます。
Vantage Sの主な違いは、7速自動マニュアルギアボックスであるスポーツシフトIIトランスミッションが標準装備されていることです。 スポーツシフトIIは、標準のVantageに搭載されている6速スポーツシフトよりも24 kg(53ポンド)軽量です。これは、他の軽量化部品とともに、1,610 kg(3,549ポンド)の車両縁石の総重量に貢献します。
2013年後半、ニュルブルクリンク24時間耐久レースでのアストンマーティンの成功を祝うために、SP10という名前の特別なモデルが発表されました。クーペとロードスターの両方のボディスタイルで利用可能なSP10は、430 bhp(321 kW; 436 PS)と490N⋅m(361lb⋅ft)のトルクを発生する同じ4.7リッターV8エンジンを搭載しています。車はV8ヴァンテージSとほとんど同じままですが、オプションとして利用可能なSportshiftIIトランスミッションで標準で6速マニュアルトランスミッションが含まれています。その他の特注機能には、タイタングレイのロードスターのソフトトップを備えた特別なセラミックグレーのボディカラー、黒のブレーキキャリパーを備えた高光沢のブラックカラーに仕上げられたV字型スポークを備えた19インチのキャストアルミニウムホイール、フロントスプリッターとリアディフューザーとカーボンファイバーとクリアテールランプが含まれています


詳細はこちらをご確認ください。
https://www.mushhiro.com/inventory41

またこちらの車両はカーセンサーにも掲載中です。
https://www.carsensor.net/usedcar/detail/VU7672406252/index.html?TRCD=200002&RESTID=CS210610

在庫車情報
https://www.mushhiro.com/stocklist