top of page

新着在庫車情報 42

ホンダ

2024/06/14

『ヴェゼル 1.5 e:HEV Z』 が入庫いたしました。

詳細はこちらをご確認ください。
https://www.mushhiro.com/inventory2024-42

こちらの車両はカーセンサーにも掲載中です。
https://www.carsensor.net/usedcar/detail/AU5806825364/index.html

在庫車情報
https://www.mushhiro.com/stocklist



ジャンルの枠を超えた多面的な価値を高次元で融合させたSUV「ヴェゼル(VEZEL)」。今回、フルモデルチェンジを行った。モーター走行を中心にさまざまなドライブモードを使い分けるHonda独自の2モーターハイブリッドシステム「e:HEV(イーエイチイーブイ)」を搭載したハイブリッドモデルと、静粛性の向上と高出力化を両立させた、新開発の1.5L DOHC i‐VTECエンジンを搭載したガソリンモデルの2種類を用意。ラインアップは、ハイブリッド車の「e:HEV X」、「e:HEV Z」、「e:HEV PLaY」、ガソリン車は「G」を設定。e:HEVモデルでは、バッテリーのセル数を増やし、モーター出力を上げることで、SUVにふさわしい力強い走りを目指した。小型化したPCU(パワーコントロールユニット)を荷室下からエンジンルームへ移動するとともに、吸排気経路の最適化など構造の見直しを行うことで、強みであるHonda独自のM・M思想に基づいた広い荷室空間との両立を実現している。ガソリンモデルでは、「フィット(FIT)」で採用した新開発のCVTに対して、ギヤのローレシオ化を図り最適化を行った。発進時はスムーズで扱いやすく、加速時にはリニアで爽快な加速フィールが感じられるよう改良を加えた。エクステリアは、M・M思想に基づく、「センタータンクレイアウト」を先代モデルから踏襲。コンパクトなボディーサイズや、多彩なシートアレンジはそのままに、より力強く美しいプロポーションへ進化させた。エクステリアのデザインには、クーペライクなプロポーションを際立たせながらも、全席で爽快な視界を提供するための「スリーク&ロングキャビン」を採用。サイドのラインを前後に貫かせた、水平基調のデザインとした。インテリアのデザインでは、しっかりとした「かたまり感」のあるソリッドなフォルムでSUVの力強さを表現した一方、身体の触れる部位には、柔らかな触感のパッドをあしらうことで、強さと優しさを兼ね備えた空間としている。安全装備は、最新の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダセンシング)」を全タイプ標準装備。先代モデルに比べ横方向への視野範囲を向上させたフロントワイドビューカメラ、高速画像処理チップ、近距離障害検知前後ソナーセンサーの採用により、機能を大幅に向上した。その他、ハンズフリーアクセスパワーテールゲート(予約クローズ機能付)、パノラマルーフ(Low‐Eガラス採用)等を新たに装備している。 

bottom of page